瞳の眼圧マッサージ

仕事をするのが大好きな身は連日会社で9瞬間、家で4瞬間ほど仕事をします。
とっくり休みを取るお日様もあるのですが、でもこういう毎日で眠り時間に困ったことは僅かのですがでも最近仕事をしているときの眠気が尋常ではないのです。

寝かかった頃に目薬を指してみたり、瞳の上から瞳圧マッサージを通じて目を軽くしたりして乗り越えるのですが、さすがに昼の会社での役回りが終わってから家で役回りのために端末にかけてそこから眠気の流れがやってきた時折従いにそのまま寝てしまいたいとすら思ってしまう。
ですがこうして甘えているといつまでも役回りは進みませんので自分に妥協が相当できません。

夜中に眠気が覚めるカフェイン飲み物を飲んでしまうと意外と寝たいときにも寝られなくなりそうですし、眠くなるのは気力が鈍いからだっていつも言い聞かせてきたので、集中したいときに素直に眠たいから寝ようと考えたくないと内面でなんだか眠りをリジェクトしてしまうのです。

そのためか以前のOFFはばったりって倒れてしまい、只OFFらしき過ごし方ができず日々クランケのように布団で寝込んで終わってしまいました。
あんなはずではないのにって自分のポテンシャルの低さにがっかりします。

ミュゼ辻堂

小さいころから音楽と共に生きてきた

ピアノを小さい頃から習っていました。
幼稚園から高校生まで一際習っていました。

練習するのは嫌いでしたが、初見も相当はじけるようになると面白くなりました。

中学校に入ってからは他の楽器も始めました。
やっぱ全部と共に合奏するのが楽しくて、
嬉しかったのです。

大学に入ってからはオーケストラに入りました。
オーケストラではソロもあり、全部という
揃える楽しさもあり、それまでよりも再度ミュージックの面白さを感じました。
楽器の
メンテや練習料金はかなりかかりました。
でも大学の四通年はほとんどが
オーケストラのメモリーに埋め尽くされているほど、ねちっこい注力を通じていました。

社会に出てからもオーケストラに所属して、ミュージックを楽しんでいます。
楽器は
階級があがっても練習すればできるようになるというところが一体全体良いところです。

行動は最も階級があがってくるとできないことも多くなります。
ミュージックはくらし、
楽しんでいただけることなのです。

オーケストラのエンターテイメントは演奏会のお日様だ。
あの独特な重圧と潤いは他では味わえません。

最初にオーボエの音調によってチューニング始める、あの一瞬が大好きだ。
そばから
各種音調が聞こえてきて、それが合わさって出向くのを感ずるのは凄い特別な
感じがするのです。
これからもずっとミュージックという寄り添っていきたいだ。